Python入門から応用までの学習サイト


セパレータの取得

Pythonで実行環境に応じた各種セパレータ取得する方法です。 ファイルパスを例にすると、Windows環境では「\」、Linuxなどでは「/」がセパレータとなり、動作環境によって異なります。 そういった事を意識せずに異なるプラットフォーム上でまったく同じコードを動作させることも容易になります。

「os」モジュール内の属性を取得しましょう。

# -*- coding: utf-8 -*- 

import os

print os.sep
print os.pathsep
print os.extsep

--実行結果--

※実行環境によって出力内容が変更される可能性があります

\
;
.

それぞれ5行目はファイルセパレータ、6行目は環境変数のセパレータ、7行目は拡張子文字となります。



Python
スタートブック


入門 Python 3


Effective
Python


退屈なことは
Pythonにやらせよう

 
 
 

本項でも出ました拡張子、次は拡張子そのものを取得してみましょう!

▶応用編:拡張子の取得



確かな力が身につく
Python「超」入門




P  R