Python入門から応用までの学習サイト


リストのソート (sort / sorted)

Pythonではリストを簡単にソートすることができます。指定のリスト自体を更新する方法と、リストのソート結果のみを取得する方法があります。なおsorted関数は、リストに限らず反復可能オブジェクトであれば結果を得ることができます。

「sort」を使用するとリストオブジェクト自体の要素がソート結果で更新されます。

# -*- coding: utf-8 -*-

python_list = []
python_list.append(100)
python_list.append(200)
python_list.append(10)
python_list.append(800)
python_list.append(60)

print '---------------------------------'
print u'【そのまま表示】'
for value in python_list:
    print value

python_list.sort()

print '---------------------------------'
print u'【ソート表示】'
for value in python_list:
    print value

--実行結果--

---------------------------------
【そのまま表示】
100
200
10
800
60
---------------------------------
【ソート表示】
10
60
100
200
800


結果のみを取得し、リスト自体を変更したくない場合のサンプルです。

# -*- coding: utf-8 -*-

python_list = []
python_list.append(100)
python_list.append(200)
python_list.append(10)
python_list.append(800)
python_list.append(60)

print '---------------------------------'
print u'【そのまま表示】'
for value in python_list:
    print value

print '---------------------------------'
print u'【ソート表示】'
for value in sorted(python_list):
    print value

print '---------------------------------'
print u'【リストの再表示】'
for value in python_list:
    print value

--実行結果--

---------------------------------
【そのまま表示】
100
200
10
800
60
---------------------------------
【ソート表示】
10
60
100
200
800
---------------------------------
【リストの再表示】
100
200
10
800
60

「sorted」を使用します。最後の表示結果から「python_list」自体の変更はされていないのが確認出来ると思います。



Python
スタートブック


入門 Python 3


Effective
Python


退屈なことは
Pythonにやらせよう

 
 
 

次はリストの逆順を取得します!



確かな力が身につく
Python「超」入門




P  R