Python入門から応用までの学習サイト


zip圧縮

Pythonの標準ライブラリにてzip圧縮することができます。

まずは圧縮対象のファイルを用意します。 空のファイルでなければ何でも良いので、下記ファイル名にて3つのファイルを作業ディレクトリに用意してください。

  • python.py
  • python.txt
  • python.csv

サンプルコードは下記の通りです。

# -*- coding: utf-8 -*- 

import zipfile

zipFile = zipfile.ZipFile('./compress_1.zip', 'w', zipfile.ZIP_STORED)
zipFile.write('./python.py')
zipFile.write('./python.txt')
zipFile.write('./python.csv')
zipFile.close()

zipFile = zipfile.ZipFile('./compress_2.zip', 'w', zipfile.ZIP_DEFLATED)
zipFile.write('./python.py')
zipFile.write('./python.txt')
zipFile.write('./python.csv')
zipFile.close()


Pythonのzip圧縮には複数のモードがあります。 5行目で指定されている「ZIP_STORED」は複数のファイルをまとめるのみで、ファイルサイズ自体の圧縮は行いません。 11行目の「ZIP_DEFLATED」ではファイルサイズも圧縮されます。

# -*- coding: utf-8 -*- 

import zipfile

zipFile = zipfile.ZipFile('./compress_1.zip', 'w', zipfile.ZIP_STORED)
zipFile.write('./python.py')
zipFile.write('./python.txt')
zipFile.write('./python.csv')
zipFile.close()

zipFile = zipfile.ZipFile('./compress_2.zip', 'w', zipfile.ZIP_DEFLATED)
zipFile.write('./python.py')
zipFile.write('./python.txt')
zipFile.write('./python.csv')
zipFile.close()


下記ハイライト部分で圧縮対象ファイルの追加を行っています。 追加後はZipFileインスタンスをクローズして終了となります。 出力されたファイルのサイズを見ると、モードの差が良く分かると思いますので確認してみてください。

# -*- coding: utf-8 -*- 

import zipfile

zipFile = zipfile.ZipFile('./compress_1.zip', 'w', zipfile.ZIP_STORED)
zipFile.write('./python.py')
zipFile.write('./python.txt')
zipFile.write('./python.csv')
zipFile.close()

zipFile = zipfile.ZipFile('./compress_2.zip', 'w', zipfile.ZIP_DEFLATED)
zipFile.write('./python.py')
zipFile.write('./python.txt')
zipFile.write('./python.csv')
zipFile.close()


Python
スタートブック


入門 Python 3


Effective
Python


退屈なことは
Pythonにやらせよう

 
 
 

csv関連の標準ライブラリもあります!

▶応用編:csv



確かな力が身につく
Python「超」入門




P  R