Python入門から応用までの学習サイト


コマンドライン引数

Pythonのプログラムを起動する際に引数を渡す事ができます。コマンドライン引数と呼ばれるもので、状況に応じて処理を分けたい場合などで有効です。

サンプルコードを「test_argv.py」というファイル名で保存し、下記コマンドで実行してみましょう。

python test_argv.py python izm com
# -*- coding: utf-8 -*- 

import sys

args = sys.argv

print args
print u'第1引数:' + args[1]
print u'第2引数:' + args[2]
print u'第3引数:' + args[3]

--実行結果--

['test_argv.py', 'python', 'izm', 'com']
第1引数:python
第2引数:izm
第3引数:com

5行目の「sys.argv」に起動時に設定した引数が格納されます。リストで値が返されますが、最初の要素には実行ファイル名が入りますので注意しましょう。


Python
スタートブック


入門 Python 3


Effective
Python


退屈なことは
Pythonにやらせよう

 
 
 

プログラムの終了方法とは!?



確かな力が身につく
Python「超」入門




P  R