Python入門から応用までの学習サイト


if文

プログラミングにおいて最も重要といっても過言ではないif文です。Pythonにおいても当然if文が存在しますのでここで確認しておきましょう。

「if」を記述後に条件式を記述し、その条件がTrueであれば条件配下の処理が実行される仕組みとなります。それぞれの条件式の最後に必ず「 : 」(コロン)を忘れずに付けましょう。

# -*- coding: utf-8 -*- 

value = 2

if value == 1:
    print u'valueの値は1です'
elif value == 2:
    print u'valueの値は2です'
elif value == 3:
    print u'valueの値は3です'
else:
    print u'該当する値はありません'

--実行結果--

valueの値は2です

別の条件式を定義する際には「elif」を使用します。どの条件にも該当しない場合の処理を定義する場合は「else」を使用しましょう。


条件の組み合わせには「and」「or」などを用います。下記コードにおいて「and」は、value_1とvalue_2の両者がTrueであれば式としてTrueとみなし、「or」の場合はvalue_1とvalue_2のどちらかがTrueであれば式としてTrueとみなします。

# -*- coding: utf-8 -*- 

value_1 = 'python'
value_2 = 'izm'

if value_1 == 'Python':
    pass
elif value_1 == 'python' and value_2 == 'izm':
    print u'2番目の条件式がTrue'
elif value_1 == "IZM" or value_2 == "PYTHON":
    print u'3番目の条件式がTrue'

--実行結果--

2番目の条件式がTrue


先程のコードの7行目に「pass」という記述がありますが、これは簡単にいうと「何もしません」という命令になります。Pythonはインデントによってブロック構造を形成しているため、基本的には空のブロックを持つことができません。インタープリタはifの「 : 」のすぐ後にあるブロックに命令が記述されていると判断しますが、それがない場合は構文的には正しくないものとなってしまうためエラーを発生させます。それを回避するのが「pass」であり、これは後述するクラスなどでも使用することができます。

# -*- coding: utf-8 -*- 

value_1 = 'python'
value_2 = 'izm'

if value_1 == 'Python':
    pass
elif value_1 == 'python' and value_2 == 'izm':
    print u'2番目の条件式がTrue'
elif value_1 == "IZM" or value_2 == "PYTHON":
    print u'3番目の条件式がTrue'


Python
スタートブック


入門 Python 3


Effective
Python


退屈なことは
Pythonにやらせよう

 
 
 

if文と並んで使用頻度も相当なものでしょう。for文!

▶基礎編:for文



確かな力が身につく
Python「超」入門




P  R