Python入門から応用までの学習サイト


インポート

Pythonインポート(import)は標準ライブラリのインポートはもちろん、自ら作成したモジュールのインポートも行うことができます。

まずは簡単なモジュールファイルを用意します。下記コードを「testmod.py」という名前で作業ディレクトリに保存してください。

# -*- coding: utf-8 -*- 

class TestClass:

    def __init__(self):
        print 'create TestClass'

    def test_method(self, val):
        print 'call test_method'
        print val


次は上記モジュールを実行(インポート)するコードを記述します。なおPythonはコード中のどこに「import」「from」を記述してもエラーにはなりません。

# -*- coding: utf-8 -*- 

import testmod

test_class_1 = testmod.TestClass()
test_class_1.test_method('1')


from testmod import TestClass

test_class_2 = TestClass()
test_class_2.test_method('2')

--実行結果--

create TestClass
call test_method
1
create TestClass
call test_method
2

まずは3行目の「import」で対象のモジュールをインポートしています。これで「testmod」モジュールを使用する準備ができました。この時のモジュール名はファイル名の「.py」を含まない形にしてください。そして次の行で「testmod」内の「TestClass」のインスタンスを作成した形です。この場合は「モジュール名.クラス名」でインスタンス化を行い、「TestClass」が定義している「test_method」の呼び出しを行いました。


毎回「モジュール名.クラス名」と記述するのは面倒だというときには、9行目のような「from」を使用しましょう。「from」の後にモジュール名、「import」の後にクラス名という指定方法です。これにより次の行では、前述の「モジュール名.クラス名」ではなくクラス名だけで使用出来るようになります。なおクラスだけではなく、モジュール内に定義されているものであれば関数や変数なども「from」でインポートすることができます。



Python
スタートブック


入門 Python 3


Effective
Python


退屈なことは
Pythonにやらせよう

 
 
 

使い分けできてこそ!

▶基礎編:== と is の違い



確かな力が身につく
Python「超」入門




P  R