Python入門から応用までの学習サイト


数値

四則演算(加算・減算・乗算・除算)は下記の通りです。

# -*- coding: utf-8 -*- 

test_integer = 100

print test_integer + 10    # 加算(足し算)
print test_integer - 10    # 減算(引き算)
print test_integer * 10    # 乗算(掛け算)
print test_integer / 10    # 除算(割り算)

--実行結果--

110
90
1000
10


数値(整数)への変換は「int」を使用します。

# -*- coding: utf-8 -*- 

test_str = '100'

print int(test_str) + 100

--実行結果--

200


プログラミング言語では、基本的に小数点を含まない数値(int)と小数点を含む数値(float)が区別され、小数点を含む数値を浮動小数点数といいます。浮動小数点数への変換は「float」を使用します。

# -*- coding: utf-8 -*- 

test_str = '100.5'

print float(test_str) + 100

--実行結果--

200.5


また「0.5」のように整数部がゼロの場合はそれを省略して記述することができます。

# -*- coding: utf-8 -*-

test_float = .5

print test_float

--実行結果--

0.5


複素数を表すcomplexは、数値へ「j」や「J」を付与することで虚数になります。次の例は実数が「100」、虚数が「5」の複素数です。

# -*- coding: utf-8 -*-

test_complex = 100 + 5j

print test_complex
print test_complex.real
print test_complex.imag

--実行結果--

(100+5j)
100.0
5.0



Python
スタートブック


入門 Python 3


Effective
Python


退屈なことは
Pythonにやらせよう

 
 
 

少なめですが数値は以上となります。次は日付・時間!

▶基礎編:日付・時間



確かな力が身につく
Python「超」入門




P  R