Python入門から応用までの学習サイト


文字列

Python文字列は 「'」(シングルクォーテーション)と「"」(ダブルクォーテーション)の両方で表現出来ます。

# -*- coding: utf-8 -*- 

print 'python-izm'
print "python-izm"

--実行結果--

python-izm
python-izm


クォート記号3つで複数行に分けて書く事も出来ます。

# -*- coding: utf-8 -*- 

test_str =  """
test_1
test_2
"""
print test_str

--実行結果--

test_1
test_2


文字列の連結は「 + 」を使います。

# -*- coding: utf-8 -*- 

test_str = 'python'
test_str = test_str + '-'
test_str = test_str + 'izm'

print test_str

--実行結果--

python-izm


文字列への追加も可能です。

# -*- coding: utf-8 -*- 

test_str = '012'
test_str += '345'
test_str += '678'
test_str += '9'

print test_str

--実行結果--

0123456789


「 * 」を用いることで指定回数分繰り返すこともできます。

# -*- coding: utf-8 -*- 

test_str = '012' * 3

print test_str

--実行結果--

012012012


文字列への変換は「str」を使用します。

# -*- coding: utf-8 -*- 

test_integer = 100

print str(test_integer) + '円'

--実行結果--

100円


文字列の置換は「replace」を使用します。

# -*- coding: utf-8 -*- 

test_str = 'python-izm'

print test_str.replace('izm', 'ism')

--実行結果--

python-ism


文字列の分割は「split」を使用します。 これはリスト(list)という形で戻り値を返しますが、リストについては入門編の後の項で説明します。※戻り値とは関数などが返す結果のことで、様々な形で返されます。戻り値を返さないものもあります。

# -*- coding: utf-8 -*- 

test_str = 'python-izm'

print test_str.split('-')

--実行結果--

['python', 'izm']


文字列の左に値を埋める場合は「rjust」を使います。 第一引数が埋めた後の桁数、第二引数が埋め込む文字列です。 ゼロ以外の文字列も埋め込み可能です。

# -*- coding: utf-8 -*- 

test_str = '1234'

print test_str.rjust(10, '0')
print test_str.rjust(10, '!')

--実行結果--

0000001234
!!!!!!1234


特定の文字列を指定せずゼロで桁埋めする場合は「zfill」を使います。

# -*- coding: utf-8 -*- 

test_str = '1234'

print test_str.zfill(10)
print test_str.zfill(3)

--実行結果--

0000001234
1234


文字列の検索方法は様々です。 まずは文字列の先頭が任意の文字であるかを調べます。 戻り値はTrueもしくはFalseです。※TrueやFalseは真偽値を表します。簡単にいうと〇か×かということで〇はTrue、×はFalseになります。

# -*- coding: utf-8 -*- 

test_str = 'python-izm'

print test_str.startswith('python')
print test_str.startswith('izm')

--実行結果--

True
False


次は文字列中に任意の文字が含まれているかを調べます。 戻り値は同じくTrueかFalseです。

# -*- coding: utf-8 -*- 

test_str = 'python-izm'

print 'z' in test_str
print 's' in test_str

--実行結果--

True
False


指定の文字列を大文字・小文字へ変換するには「upper」もしくは「lower」を使います。

# -*- coding: utf-8 -*- 

test_str = 'Python-Izm.Com'

print test_str.upper()
print test_str.lower()

--実行結果--

PYTHON-IZM.COM
python-izm.com


文字列の先頭・末尾を削除した値を取得します。 それぞれ「lstrip」は先頭(左から)、「rstrip」は末尾(右から)の削除となり、引数なしでは空白を除去します。 ※末尾の空白の削除は出力結果ではわかりづらいので、スラッシュを付加しています。

# -*- coding: utf-8 -*- 

print '----------------------------------'

test_str = '     python-izm.com'
print test_str

test_str = test_str.lstrip()
print test_str
    
test_str = test_str.lstrip('python')
print test_str


print '----------------------------------'

test_str = 'python-izm.com     '
print test_str + '/'

test_str = test_str.rstrip()
print test_str + '/'
    
test_str = test_str.rstrip("com")
print test_str

--実行結果--

----------------------------------
     python-izm.com
python-izm.com
-izm.com
----------------------------------
python-izm.com     /
python-izm.com/
python-izm.



Python
スタートブック


入門 Python 3


Effective
Python


退屈なことは
Pythonにやらせよう

 
 
 

以上で文字列の解説は終了です。次は数値です!

▶基礎編:数値



確かな力が身につく
Python「超」入門




P  R