Python入門から応用までの学習サイト


タプル

タプルはプログラミングにおける機能としては一般的ですが、他の言語ではあまり聞かないネーミングです。簡単に言うと、複数の要素から構成されそれを一つのモノとして扱える機能です。後の項で解説するリストとの違いは、作成した後に要素の追加や削除が出来るか出来ないかです。タプルの場合は作成した後の変更は「不可」、リストの場合は「可」と覚えておきましょう。

先に述べたとおり、タプルの特徴は作成した後の変更が不可能という点です。複数の値を返す関数の戻り値などをタプルにすると良いでしょう。使い方は下記の通りです。

# -*- coding: utf-8 -*- 

import datetime


def get_today():

    today = datetime.datetime.today()
    value = (today.year, today.month, today.day)

    return value


test_tuple = get_today()

print test_tuple
print test_tuple[0]
print test_tuple[1]
print test_tuple[2]

--実行結果--

(2010, 5, 8)
2010
5
8


注目すべきは9行目、要素を3つ「 () 」(カッコ)を使用して囲んでいます。これでその3要素を保持しているタプルとして作成することができます。

# -*- coding: utf-8 -*- 

import datetime


def get_today():

    today = datetime.datetime.today()
    value = (today.year, today.month, today.day)

    return value


test_tuple = get_today()

print test_tuple
print test_tuple[0]
print test_tuple[1]
print test_tuple[2]

またタプルやリストなどは(文字列もそうです)、シーケンス型と呼ばれ「 [] 」を用いたインデックス値で各要素にアクセスできるようになっています(インデックス値は0から始まります)。


Python
スタートブック


入門 Python 3


Effective
Python


退屈なことは
Pythonにやらせよう

 
 
 

タプルの次はリストです!

▶基礎編:リスト



確かな力が身につく
Python「超」入門




P  R