Python入門から応用までの学習サイト


SQLite

まずは軽量データベースであるSQLiteの接続方法から解説します。 単一ファイルでデータベースを構成し、アプリケーションに組み込んで使用出来るという特性から非常にお手軽です。

Pythonではバージョン2.5よりSQLite関連のライブラリが標準でついています。 ドライバのダウンロードは必要ありません。


下記データ登録のサンプルとなります。

# -*- coding: utf-8 -*- 

import sqlite3

connector = sqlite3.connect("sqlite_test.db")

sql = "insert into test_table values('1', 'python')"
connector.execute(sql)
sql = "insert into test_table values('2', 'パイソン')"
connector.execute(sql)
sql = "insert into test_table values('3', 'ぱいそん')"
connector.execute(sql)

connector.commit()
connector.close()


まずは3行目で「sqlite3」モジュールのインポートを行います。 続く5行目の記述でデータベースへ接続していますが、引数のファイルが存在しない場合は自動的に作成されます。 7行目から12行目で指定のSQL文を実行し、14行目でコミットを行っています。最後はクローズ処理を行いましょう。


データ参照のサンプルです。先程登録したデータを見てみましょう。

# -*- coding: utf-8 -*- 

import sqlite3

connector = sqlite3.connect("sqlite_test.db")
cursor = connector.cursor()
cursor.execute("select * from test_table order by code")

result = cursor.fetchall()

for row in result:
    print "===== Hit! ====="
    print "code -- " + unicode(row[0])
    print "name -- " + unicode(row[1])

cursor.close()
connector.close()

--実行結果--

===== Hit! =====
code -- 1
name -- python
===== Hit! =====
code -- 2
name -- パイソン
===== Hit! =====
code -- 3
name -- ぱいそん


「sqlite3」モジュールのインポート後、データベースへ接続します。 6行目でカーソルの取得を行い、select文を実行。「fetchall」を使用すると結果がタプルで返ってきます。



Python
スタートブック


入門 Python 3


Effective
Python


退屈なことは
Pythonにやらせよう

 
 
 

次はPostgreSQL!

▶外部ライブラリ:PostgreSQL



確かな力が身につく
Python「超」入門




P  R