Python入門から応用までの学習サイト


プログラムの実行方法

まずは作業ディレクトリを作成しましょう。Cドライブ直下に「python」という名前で作成します。

Pythonのコードを書き込むファイルを作成しましょう。エディタは取り急ぎメモ帳でも構いません。新規ファイルへ下記コードを書き込んでください。

print 'python-izm'
ソースコード - メモ帳


書き込んだら、先程作成した作業ディレクトリに「test01.py」というファイル名で保存してください。


Pythonのインタープリタ(python.exe)へパスが通っていない場合は、パスを通してから実行してください。


コマンドプロンプトを開き、作業ディレクトリへ移動します。

cd c:¥python
作業ディレクトリへ移動 - コマンドプロンプト



下記コマンドを実行し、先程作成したPythonプログラムを実行します。

python test01.py
実行 - コマンドプロンプト



実行結果が出ましたか?実行に成功している場合は下記メッセージが出力されます。

python-izm
結果 - コマンドプロンプト



これでプログラムを実行する事が出来ました。「print」は標準出力へ書き出しを行います。今回の簡単なサンプルコードは「python-izmという文字列を標準出力へ書き出してください」というものでした。


「python test01.py」を実行した時に、下記エラーが発生して実行できなかった方はインタープリタへパスが通っていません。

'python' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

パスの通し方はWindowsのバージョンによって異なるため、「Windows 10 パスの通し方」などで検索してみてください。



Python
スタートブック


入門 Python 3


Effective
Python


退屈なことは
Pythonにやらせよう

 
 
 

対話型シェルでの実行方法も覚えておきましょう!

▶入門編:対話型シェル



確かな力が身につく
Python「超」入門




P  R