Python入門から応用までの学習サイト


コンソールからの入力 (raw_input / input)

ここまででPython基本構文実行方法を学んできました。ここで少し趣向を変えてコマンドプロンプト(コンソール)からの入力値をプログラムで受け取ってみましょう。Python 2系ではraw_input、Python 3系ではinputを使用します。

これはPython 2系向けのソースコードです。3系を用いる場合はinputを使用してください。


Python 2系

# -*- coding:utf-8 -*-


print u'あなたの名前を教えてください。'

your_name = raw_input('>> ')

print your_name


ファイル名を「test03.py」とし作業ディレクトリへ保存します。これまで通りプログラムを実行してください。

python test03.py

--実行結果--

あなたの名前を教えてください。
>> 


上記のような実行結果になったと思います。これまでのプログラムは実行後に即時終了していましたが、今回は「raw_input」関数によってユーザーからの入力を待ち受けしている状態になっています。それでは次のように「>> 」の右側にあなたの名前を入力してからENTERキーを押してみましょう。


--「python-izm」と入力--

あなたの名前を教えてください。
>> python-izm

--実行結果--

あなたの名前を教えてください。
>> python-izm
python-izm


入力した値がそのままコンソール上へ出力されたはずです。よりプログラムらしくなってきたと思います。こういった形でユーザーからの入力値、選択値に応じて適切な出力を行うのが基本です。またそのまま出力するのではなく、多少の加工をするとさらにプログラムらしくなります。


Python 2系

# -*- coding:utf-8 -*-


print u'あなたの名前を教えてください。'

your_name = raw_input('>> ')

print u'こんにちは! {} さん!'.format(your_name)

--「python-izm」と入力--

あなたの名前を教えてください。
>> python-izm

--実行結果--

あなたの名前を教えてください。
>> python-izm
こんにちは! python-izm さん!

※「format」についてはprint文で触れています。



これはPython 3系向けのソースコードです。2系を用いる場合はraw_inputを使用してください。


Python 3系

print('あなたの名前を教えてください。')

your_name = input('>> ')

print(your_name)

このようにPython 3系ではraw_inputからinputへ変更されました。print関数にも気を付けて実行してください。それ以外の注意点は2系と同じです。




Python
スタートブック


入門 Python 3


Effective
Python


退屈なことは
Pythonにやらせよう

 
 
 

困った時はドキュメントを参照しましょう!

▶入門編:ドキュメント



確かな力が身につく
Python「超」入門




P  R