Python入門から応用までの学習サイト


メンバの取得 (dir)

Pythonではモジュール内で定義されている関数、属性などの一覧を取得する事が出来ます。ちょっとしたデバッグにも使えますので覚えておくと便利です。

dir」関数を使用します。引数なしの場合は自分自身のメンバを、引数にモジュールを渡した時にはそのモジュール内で定義されているメンバを取得します。

# -*- coding: utf-8 -*- 

print '----------------------------------'
print dir()

python_dir = 'python-izm'

print '----------------------------------'
print dir()

print '----------------------------------'
import sys
for one in dir(sys):
    print one

--実行結果--

※実行環境によって出力内容が変更される可能性があります

----------------------------------
['__builtins__', '__doc__', '__file__', '__name__', '__package__']
----------------------------------
['__builtins__', '__doc__', '__file__', '__name__', '__package__', 'python_dir']
----------------------------------
__displayhook__
__doc__
__excepthook__
__name__
__package__
__stderr__
__stdin__
__stdout__
_clear_type_cache
_current_frames
_getframe
api_version
argv
builtin_module_names
byteorder
call_tracing
callstats
copyright
displayhook
    ・
    ・
    ・
--以下略--

2回目の「dir」関数呼び出し時には、直前に定義した変数「python_dir」が追加されているのがわかります。最後に「sys」モジュール内の定義値の出力を行っています。



Python
スタートブック


入門 Python 3


Effective
Python


退屈なことは
Pythonにやらせよう

 
 
 

色々なセパレータを非環境依存で取得してみましょう!



確かな力が身につく
Python「超」入門




P  R