Python入門から応用までの学習サイト


メール送信

Pythonメールの送信を行うことができます。 文字コードに注意をすれば、比較的簡単に実現出来ますので覚えておくと良いでしょう。

8行目、9行目で送信元アドレス、送信先アドレスを指定します。 11行目では日本語環境におけるメール送受信で一般的に用いられている文字コード「iso-2022-jp」を指定します。 15行目から19行目で各情報を設定していますが、19行目の「localtime=True」を指定しないとJSTとならないので注意しましょう。 19行目でSMTPサーバの指定を行いメールを送信します。

# -*- coding: utf-8 -*- 

import smtplib
from email.MIMEText import MIMEText
from email.Header import Header
from email.Utils import formatdate

from_address = 'from@xxx.xx.jp'
to_address   = 'to@xxx.xx.jp'

charset = 'ISO-2022-JP'
subject = u'メールの件名です'
text    = u'メールの本文です'

msg = MIMEText(text.encode(charset), 'plain', charset)
msg['Subject'] = Header(subject, charset)
msg['From'] = from_address
msg['To'] = to_address
msg['Date'] = formatdate(localtime=True)

smtp = smtplib.SMTP('xxx.xx.jp')
smtp.sendmail(from_address, to_address, msg.as_string())
smtp.close()


Python
スタートブック


入門 Python 3


Effective
Python


退屈なことは
Pythonにやらせよう

 
 
 

次はHTML文書を解析してみましょう!

▶応用編:HTML解析(パーサ)



確かな力が身につく
Python「超」入門




P  R