Python入門から応用までの学習サイト


pyenvの使い方とインストール

Windows以外のプラットフォームでPythonを使用する場合、システムへインストールされているPythonを利用するのも選択肢の一つです。Mac OS XUbuntuCent OSなどの主要なOSでは、すでに2系のPythonがインストールされているため、すぐに利用することができます。しかし学習の開始段階ではそれで十分ですが、本格的にプログラミングを行う場合や、システムへインストールされているバージョンとは異なるバージョンを使用したい、2系ではなく3系を使用したいなど、そういったケースではpyenvを利用するのがおすすめです。

pyenvはPythonのバージョン管理を行なうコマンドラインツールで、複数のバージョンのPythonのインストールや切り替えを容易に行うことができます。またWindowsはサポートしておらず、冒頭で挙げたようなOSをサポートしています。本項ではpyenvそのもののインストールやPythonインタープリタのインストール、バージョンの切り替え方法などを記載します。


pyenvのインストール方法はOSによって若干の相違があります。まずは必要なライブラリをインストールする必要があるので、下記リンクで公開されている方法から引用します。


公式のGitHub

https://github.com/yyuu/pyenv/wiki/Common-build-problems



使用中のOSに応じてコマンドを実行し、ライブラリをインストールしてください

  • Ubuntu/Debian
    sudo apt-get install -y make build-essential libssl-dev zlib1g-dev libbz2-dev \
    libreadline-dev libsqlite3-dev wget curl llvm libncurses5-dev libncursesw5-dev xz-utils
    
  • Fedora/CentOS/RHEL
    yum install zlib-devel bzip2 bzip2-devel readline-devel sqlite sqlite-devel openssl-devel
    
  • Mac OS X
    brew install readline xz
    


Githubリポジトリからpyenvをコピーします。gitがインストールされていない場合は「sudo apt-get install git」などでインストールしてください。

git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv


コマンドラインでpyenvを使用するための準備をします。ファイル名「.bash_profile」は、zshの場合は「.zshenv」、Ubuntuの場合は「.bashrc」へ変更してから実行してください。

echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile


パスを変更したのでそれを適用します。以上でインストールおよび設定は終了です。

exec $SHELL



pyenvでインストール可能なPythonインタープリタの一覧を表示する場合は、下記コマンドを実行します。

pyenv install -l

沢山出力されますが、ここで表示される名称(バージョンナンバー)をインストール時に指定します。

… 中略 …

  2.7.9
  2.7.10
  2.7.11
  2.7.12
  3.0.1
  3.1
  3.1.1
  3.1.2

… 中略 …


pyenvで管理されているPythonインタープリタを表示するには、下記コマンドで確認することができます。

pyenv versions

以下のような出力結果を得られます。下記例では「system」がシステム導入時にすでにインストールされているPythonインタープリタ、それ以外にpyenvでインストールを行った「2.7.12」と「3.5.2」が管理下にあります。

  system (set by /home/some_user/.pyenv/version)
* 2.7.12
  3.5.2

各インタープリタの左に「 * 」が付きます。これは現在アクティブなPythonインタープリタを示しており、コンソール上で単純に「python」とタイプした場合に実行されるインタープリタです。上記例の場合は「python」と実行すると「2.7.12」の対話型シェルが起動します。



Pythonインタープリタをインストールする場合は下記コマンドを実行します。

pyenv install Version

「Version」には「pyenv versions」で表示されるバージョンを入力してください。たとえば「2.7.12」をインストールする場合は「pyenv install 2.7.12」と入力します。


アンインストールは次の通りです。

pyenv uninstall Version



Pythonインタープリタのバージョンを切り替える場合は下記コマンドを実行します。

pyenv global Version

「Version」には「pyenv versions」で表示されるバージョンを入力してください。たとえば「system」へ切り替える場合は「pyenv global system」と入力します。




Python
スタートブック


入門 Python 3


Effective
Python


退屈なことは
Pythonにやらせよう

 
 
 

次はいよいよ応用編です!ファイト!

▶応用編:関数作成



確かな力が身につく
Python「超」入門




P  R