Python入門から応用までの学習サイト


画像処理(PIL)

Pythonでの画像処理PIL(Python Imaging Library)を使用すると良いでしょう。 様々な機能を有しているライブラリですので、本項ではさわりだけの紹介となります。

下記リンクからダウンロードを行いましょう。


http://www.pythonware.com/products/pil/


ダウンロード後、インストールを行います。全てデフォルト設定で良いでしょう。


例で使用するイメージファイルは、本サイトのロゴを使用しています。

# -*- coding: utf-8 -*- 

import Image

img = Image.open('c:/python/logo.jpg')

print img.format
print img.size
print img.mode

--実行結果--

JPEG
(250, 50)
RGB

5行目で指定の画像ファイルを開いています。 7、8、9行目でそれぞれ「画像フォーマット」「画像サイズ」「画像モード」を取得・表示しています。 画像モードはトゥルーカラーの場合は「RGB」、グレースケールの場合は「L」などが入ります。


画像ファイルのフォーマットを指定の形式に変更する方法です。

# -*- coding: utf-8 -*- 

import Image

img = Image.open('c:/python/logo.jpg')

img.save('c:/python/copy.jpg')
img.save('c:/python/logo.bmp', 'bmp')
img.save('c:/python/logo.gif', 'gif')


--実行結果(生成ファイル)--

=copy.jpg=

PythonPIL

=logo.bmp=

PythonPIL

=logo.gif=

PythonPIL


5行目で先程と同様に、指定の画像ファイルを開いています。 続く7行目はフォーマット変換ではありませんが、開いたファイルの別名保存を行っています。 8行目、9行目で元ファイルのフォーマット(JPEG)から、それぞれ「BMP」「GIF」へ変換をして保存をしています。


加工方法の簡単な紹介となります。

# -*- coding: utf-8 -*- 

import Image

img = Image.open('c:/python/logo.jpg')

left_right_image = img.transpose(Image.FLIP_LEFT_RIGHT)
left_right_image.save('c:/python/logo_left_right.jpg')

top_buttom_image = img.transpose(Image.FLIP_TOP_BOTTOM)
top_buttom_image.save('c:/python/logo_top_bottom.jpg')

img.thumbnail((125, 25))
img.save('c:/python/logo_thum.jpg')

--実行結果(生成ファイル)--


=logo_left_right.jpg=

PythonPIL

=logo_top_bottom.jpg=

PythonPIL

=logo_thum.gif=

PythonPIL


まず7行目、8行目で元ファイルより左右反転のイメージを取得し、保存しています。 次の10行目、11行目は上下反転イメージです。 最後はサムネイル画像をサイズ指定して生成しています。



Python
スタートブック


入門 Python 3


Effective
Python


退屈なことは
Pythonにやらせよう

 
 
 

Windows実行形式への変換!exe化!

▶外部ライブラリ:exe変換



確かな力が身につく
Python「超」入門




P  R