Python入門から応用までの学習サイト


Sizerとは

SizerとはwxPythonにて利用出来るレイアウトアルゴリズムで、「Sizer」は様々なSizerの親クラスとして定義されています。

今までのサンプルコードでは、パネルなどを絶対座標で配置していました。 もちろん絶対座標で配置した方が良い場合もありますが、Sizerを利用すると下記のような利点があります。

  • ボタンやテキストなどの大きさ・位置がルールに沿って配置される
  • Frameのサイズ変更時にボタンやテキストなどが適切な大きさ・位置に再設定される


Sizerを利用する際には「Sizer」クラスを継承したサブクラスを使用する形になります。 代表的なものは下記4つです。それぞれの特徴を簡単に記載しておきます。

  • BoxSizer               縦もしくは横に連続して配置する
  • StaticBoxSizer     縦もしくは横に連続して配置し、ラベル付きボーダーで囲む
  • GridSizer              マス目状に配置する(全てのマスは同じ大きさ)
  • FlexGridSizer       マス目状に配置する(それぞれのマスの大きさを変更可能)



Python
スタートブック


入門 Python 3


Effective
Python


退屈なことは
Pythonにやらせよう

 
 
 

まずはBoxSizerから!

▶GUI:BoxSizer



確かな力が身につく
Python「超」入門




P  R